『フォースの覚醒』に宣戦布告!

*ネタバレなし

「メディアファシズムですね」と知り合いのプロデューサーが呟いた。TVやネットを観れば、あらゆる種類のタイアップ映像が絶え間なく流れ、街角を歩けばモニターがテーマ曲にのせて予告編を発信し、おもちゃだけでなく、あらゆる種類のタイアップ商品が様々なショップに溢れている。たしかに、メディアが中心となり、あらゆる業界が便乗する形でスターウォーズ洗脳に乗り出したのかと思える現象にぴったりの言葉だった。奇妙な居心地悪さを感じながら、とりあえず作品を観るまでは批判するまいと思っていた。しかし『フォースの覚醒』を観てしまったいま、その居心地悪さは決定的な批判的思考へと変貌してしまった。ここで皆様からの批判を覚悟の上で、あえて一石を投じてみたいと思う。 


結論から先に言ってしまうと『フォースの覚醒』は、圧倒的なオリジナリティと創造力で世界に衝撃を与えた1977年公開のオリジナル『スターウォーズ』を巧妙にコピーしたクローンであり、ファンにアピールできるように製造された単なるフランチャイズ商品だった。ストーリーテリングと世界観において、オマージュと呼ぶにはあまりにもお粗末なぐらいにオリジナル作品のコピペが目立つ。平凡に暮らしている孤独な主人公が冒険に巻き込まれて次第に自身の可能性に目覚めていくという流れも、メッセージが隠されたロボットが助けを求めて砂漠の惑星をさまよう前半の設定も、ハンソロが訪れる様々なクリーチャーが登場する酒場も、スターキラー基地内からシールドを解除してスカイファイターで襲撃するという後半の流れも、ほとんどオリジナル作品から引用されている構成や設定である。まして中盤から重要な役割を果たす父と息子の確執においては、オリジナル3部作を通して描かれたテーマまで引用される。絶賛派も否定派も『フォースの覚醒』を鑑賞して、全編を通してどこかで観たような感覚に陥るのは否定できないはず。むしろそれを狙って作品が製造されている。それぐらい今回の作品はシリーズ中で最も独創性に欠ける作品と言える。

勿論、その原因は制作者のオリジナル作品に対する敬意であり愛情でもあるのは、作品を観れば簡単に推測できる。しかし、そこが『フォースの覚醒』の最も危うく批判に値する部分でもある。筆者自身を含むスターウォーズ世代の誰もが、ハンソロとチューバッカが再びファルコン号に乗り込んでくる場面で、感慨深いものを感じるのは間違いない。制作者はオリジナル作品のストーリーや世界観をコピペすることで、センチメンタルな郷愁を観客に植え付ける仕掛けを全編を通して用意している。しかしこのセンチメンタルな郷愁は、この映画自体が醸し出すものではなく、観客がかつて体験したオリジナル作品に対する感情や感動を観客に思い出させているだけにすぎない。敬意と愛情を持て余すあまり、制作者は本来オリジナル作品が持っていた独創性や創造力を受継ぐどころか放棄してしまった。あたかも感情豊かに見える『フォースの覚醒』は、実は仕掛けだけの魂のないクローンなのだ。 

もともとジョージ・ルーカスが、作品を信じていなかった20世紀フォックスに冷遇されながらトラブル続きの撮影を切り抜けて何とか実現させたのが『スターウォーズ』だった。混沌とした当時のアメリカ社会で、勧善懲悪のストーリーは大いに指示され社会現象にまでなった。それが次第にマクドナルドやKFCのようにフランチャイズ化され、スターウォーズはもはや映画でも文化でもなくなり、単なるメディア戦略と化した。『フォースの覚醒』がマーケットを意識しすぎたセンチメンタルな郷愁のために、独創性や創造力を放棄したように、メディアは多様性を拒否し、圧倒的多数を絶対として消費文化を促すだけのマシーンと化した。

「多数派はいつも間違っている」という印象的な台詞が登場するのは、個人の威厳をテーマにした作家イプセンによる戯曲『民衆の敵』だ。さんざんスターウォーズ旋風にさらされ、やっと作品を観た後に、なぜ奇妙な居心地悪さを感じていたのか考えていた時に、ふとこの台詞が浮かんで来た。独創性、創造力、多様性とは社会にとって不可欠ではないのか? 文化やメディアだけでなく、社会でも重要視されるべき要素が、資本主義の名の下に犠牲にされてしまう世の中になってきているのだろうかと考えられずにはいられなかった。