いまTV/ネットに才能が集結 その2

前回に引き続き、筆者の独断と偏見で選んだ映画以上の面白さ抜群のTVシリーズを今回も紹介したいのだが、その前に、なぜアメリカでいまTVに映画界の才能が集結しているのか、もう少し話したい。

先日『ジム・キャリーはMR.ダマー』や『メアリーに首ったけ』の監督ボビー・ファレリーに会う機会があった。20年ぶりの続編『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』を引っさげての来日だったが、近年コメディ映画に投資が集まりにくい状況を残念そうに語った。その理由は、ハリウッドが世界マーケットを意識するようになり、文化の違いによって伝わりにくいコメディよりも、解りやすいアクションやスーパーヒーロー物に食いつく傾向にあるからだった。カルト化しているジム・キャリー主演作品の続編でさえ、低予算にも関わらず投資が集まるまで4年かかり、一部アジアからの投資も募ったとファレリー監督。ますます一極化していくメジャーの中で、第一線で活躍する監督達でさえ、自らの才能を発揮できる方法を模索しなければいけないのだ。そんな状況が、映画界の才能が続々とTVに集結している理由の1つでもある。

『ピアノレッスン』のジェーン・カンピオンが監修したシリーズ『トップ・オブ・ザ・レイク 消えた少女』や、『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズが手がけたシリーズ『ミルドレッド・ピアース』など、映画監督が手がけたTVシリーズの中で最も出色なのが、挑戦的なシリーズや作品を発表し続けるHBOが製作し、『闇の列車、光の旅』で鮮烈なデビューを飾ったケアリー・フクナガが監督したTVシリーズ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』だ。泥臭いルイジアナを舞台に、連続殺人鬼を追う2人の刑事の人間関係が描かれる。政治システムに群がる人間模様が万華鏡のように描かれるシリーズ『ハウス・オブ・カード』とは違い、反撥し合う偏屈な男2人の関係が、見えない連続殺人鬼によって次第に翻弄されていく様子に焦点があてられる。TVシリーズとしては、亀のようなテンポで進んでいくが、過去と現在が巧みに交差する構成の脚本と、主演2人マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンの素晴らしいほど繊細な演技、南部のミステリアスな雰囲気や独特の音楽もうまく取り込んで、一気に見せてくれる。最後のエピソードで、20年越しにようやく信頼関係が結ばれるまでになる2人の人間関係が映画では味わったことがないぐらいリアルだ。シリーズ特有の時間的制約のない点を見事に活かして新しい感動を与えてくれる。

予告はイメージをクリック

『TRUE DETECTIVE』は1シーズン完結型シリーズで、日本ではスターチャンネルでオンエアー中。さらに、アメリカでは、キャストと監督を総替えした形でシーズン2がすでに放映されており、コリン・ファレル、レイチェル・マクアダムス、ヴィンス・ボーン、テイラー・キッチュという豪華キャストだが、評判はあまり芳しくなかったようだ。シーズン2に共通しているのは原案・脚本を担当したニック・ピゾラット。『TRUE DETECTIVE』で一気に注目される脚本家となった彼は、『荒野の7人』のリメイク版の脚本を担当している。

予告はイメージをクリック

そういう意味で、近年のTVシリーズは才能のある脚本家を次々に輩出していく場としても大いに注目されており、脚本家がエグセクティブ・プロデューサーやクリエイターとしてクレジットされる場合も多い。また拘束時間が長期間に渡ることも理由であろうが、『ハウス・オブ・カード』や『TRUE DETECTIVE』しかり、主演俳優がエグセクティブ・プロデューサーとしてクレジットされることもあるようだ。それだけ俳優陣も企画に惚れ込んでTVシリーズに参加しているということであろう。

いまTV/ネットに才能が集結 その1

また1年半、ブログをさぼってしまった。それはさておおき、ネットフリックスが今年の夏、日本に上陸した。いままでネット配信に関して懐疑的だった日本映画業界も、遂に本格的な動きを見せるようになった。競うように昨日アマゾンが日本で見放題のサービスを開始し、HULUやGYAOがTVコマーシャルでネット見放題サービスを盛んに宣伝し始めた。そこでいま最も問われるのが、配信される映像コンテンツのクオリティだ。

ハリウッドが、さらなる収益を求めて世界マーケットで通用する大掛かりなアクション物や、固定ファンがいるシリーズ/続編物、解りやすいスーパーヒーロー物ばかりに予算を注ぎ込む中、欧米ではネットフリックスを筆頭としたTV/ネット配信会社が、よりクオリティの高い映像コンテンツを求めて、内容的にも経済的にもリスクの高い映画や、野心的なTVシリーズを多く製作するようになった。この一連の映画ビジネスの動きの中で、フィルムメーカーにとって最も注目すべきなのは、いままでは映画に劣るとされていたTVシリーズが、新しいストーリーテリングの手法として注目を集めていること。そんな中でも筆者の独断と偏見で選んだ映画以上の面白さを与えてくれるTVシリーズを幾つか紹介したい。

その最たる成功例が、ネットフリックスが製作した『ハウス・オブ・カード〜野望の階段』だ。ハリウッド映像作家として最も注目を集めるデイビッド・フィンチャーが総合プロデュースを手がけたことで話題になったが、元々は90年代にイギリスで制作されたTVシリーズのリメイク。このシリーズの評価が高いのは、時間制限のある映画では描くのが不可能である人間模様や、複雑な政治の駆け引きが、様々な登場人物を通して巧みに描かれている点にある。さらに秀逸なのが、映画とは違ってじっくりと時間をかけて登場人物を描いている点だ。ケビン・スペイシー演じる主人公フランシス・アンダーウッドは、持ち前のサバイバル本能で政界を生き抜いてきた人物で、野心の為には殺人さえも厭わない悪人である。そんな悪人が時々カメラに向かって、彼なりの人生哲学と生き残るための方法論を語ると、観客は彼が悪人であることをついつい忘れて肩入れしてしまう。人間性の中に善悪が混在していることを思い知らされる作り方になっている。

上記クリックすると予告篇に 

現在シーズン4まで製作されており、シーズン2までは日本でもDVD化もされているので未見の方はぜひレンタル屋、いや、ネット配信かオンデマンドでぜひ観て欲しい。中毒性の高いコンテンツなので翌日お仕事のある方は、気をつけて下さい。