『フォースの覚醒』に宣戦布告!

*ネタバレなし

「メディアファシズムですね」と知り合いのプロデューサーが呟いた。TVやネットを観れば、あらゆる種類のタイアップ映像が絶え間なく流れ、街角を歩けばモニターがテーマ曲にのせて予告編を発信し、おもちゃだけでなく、あらゆる種類のタイアップ商品が様々なショップに溢れている。たしかに、メディアが中心となり、あらゆる業界が便乗する形でスターウォーズ洗脳に乗り出したのかと思える現象にぴったりの言葉だった。奇妙な居心地悪さを感じながら、とりあえず作品を観るまでは批判するまいと思っていた。しかし『フォースの覚醒』を観てしまったいま、その居心地悪さは決定的な批判的思考へと変貌してしまった。ここで皆様からの批判を覚悟の上で、あえて一石を投じてみたいと思う。 


結論から先に言ってしまうと『フォースの覚醒』は、圧倒的なオリジナリティと創造力で世界に衝撃を与えた1977年公開のオリジナル『スターウォーズ』を巧妙にコピーしたクローンであり、ファンにアピールできるように製造された単なるフランチャイズ商品だった。ストーリーテリングと世界観において、オマージュと呼ぶにはあまりにもお粗末なぐらいにオリジナル作品のコピペが目立つ。平凡に暮らしている孤独な主人公が冒険に巻き込まれて次第に自身の可能性に目覚めていくという流れも、メッセージが隠されたロボットが助けを求めて砂漠の惑星をさまよう前半の設定も、ハンソロが訪れる様々なクリーチャーが登場する酒場も、スターキラー基地内からシールドを解除してスカイファイターで襲撃するという後半の流れも、ほとんどオリジナル作品から引用されている構成や設定である。まして中盤から重要な役割を果たす父と息子の確執においては、オリジナル3部作を通して描かれたテーマまで引用される。絶賛派も否定派も『フォースの覚醒』を鑑賞して、全編を通してどこかで観たような感覚に陥るのは否定できないはず。むしろそれを狙って作品が製造されている。それぐらい今回の作品はシリーズ中で最も独創性に欠ける作品と言える。

勿論、その原因は制作者のオリジナル作品に対する敬意であり愛情でもあるのは、作品を観れば簡単に推測できる。しかし、そこが『フォースの覚醒』の最も危うく批判に値する部分でもある。筆者自身を含むスターウォーズ世代の誰もが、ハンソロとチューバッカが再びファルコン号に乗り込んでくる場面で、感慨深いものを感じるのは間違いない。制作者はオリジナル作品のストーリーや世界観をコピペすることで、センチメンタルな郷愁を観客に植え付ける仕掛けを全編を通して用意している。しかしこのセンチメンタルな郷愁は、この映画自体が醸し出すものではなく、観客がかつて体験したオリジナル作品に対する感情や感動を観客に思い出させているだけにすぎない。敬意と愛情を持て余すあまり、制作者は本来オリジナル作品が持っていた独創性や創造力を受継ぐどころか放棄してしまった。あたかも感情豊かに見える『フォースの覚醒』は、実は仕掛けだけの魂のないクローンなのだ。 

もともとジョージ・ルーカスが、作品を信じていなかった20世紀フォックスに冷遇されながらトラブル続きの撮影を切り抜けて何とか実現させたのが『スターウォーズ』だった。混沌とした当時のアメリカ社会で、勧善懲悪のストーリーは大いに指示され社会現象にまでなった。それが次第にマクドナルドやKFCのようにフランチャイズ化され、スターウォーズはもはや映画でも文化でもなくなり、単なるメディア戦略と化した。『フォースの覚醒』がマーケットを意識しすぎたセンチメンタルな郷愁のために、独創性や創造力を放棄したように、メディアは多様性を拒否し、圧倒的多数を絶対として消費文化を促すだけのマシーンと化した。

「多数派はいつも間違っている」という印象的な台詞が登場するのは、個人の威厳をテーマにした作家イプセンによる戯曲『民衆の敵』だ。さんざんスターウォーズ旋風にさらされ、やっと作品を観た後に、なぜ奇妙な居心地悪さを感じていたのか考えていた時に、ふとこの台詞が浮かんで来た。独創性、創造力、多様性とは社会にとって不可欠ではないのか? 文化やメディアだけでなく、社会でも重要視されるべき要素が、資本主義の名の下に犠牲にされてしまう世の中になってきているのだろうかと考えられずにはいられなかった。

いまTV/ネットに才能が集結 その4

さてネットフリックスを始めとして、TV/ネット界が、映画製作者だけでなく、視聴者にも多大な影響を与え始めていることを書いてきた。そして遂にこの秋から、ネットフリックスが本格的に映画業界に殴り込みをかけてくる。

前回紹介した『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』のケアリー・フクナガ監督の最新作『ビースト・オブ・ノー・ネーション』は、西アフリカの架空の国で展開する武装集団に巻き込まれる少年の話。約6億円で製作されたこの作品は、完成後、ネットフリックスが全世界権を約12億円で買収したことで話題になった。(ネットフリックスは<オリジナル制作作品>と宣伝しているが、正確には完成後に買収している) そして今年8月にヴェニス国際映画祭でプレミア上映されて話題になって僅か2ヶ月後、10月16日から日米同時ネット配信が始まるのである。アメリカでは限定で劇場公開も決まっているようだが、日本では、プレミア規定に関して厳しいはずの東京国際映画祭で、配信開始後の10月末に上映される(ちなみにチケットは2000円)ようだ。このように話題作が三大映画祭でのプレミア上映直後に日本でもネットで観れるようになれば、<劇場公開/配給>のあり方がますます問われるようになるのは間違いない。

 予告はイメージをクリック

話かわって、このシリーズ最後に紹介したい筆者がはまってしまったTVシリーズは、『羊たちの沈黙』ファンは必見のTVシリーズ『ハンニバル』だ。メジャーTV局(米NBC)が制作したとは思えないぐらいグロテスクな事件やおぞましい登場人物が次々に現れて、カニバリズム(食人)まで描かれているにも関わらず、低俗な見世物主義に染まらずに、映画シリーズにも劣らない心理サスペンスとして迫力満点。ドクター・ハンニバルとFBI捜査官の、次第に立場が逆転していく心理的な駆け引きを中心に、不気味な映像美で視聴者を魅惑するユニークなTVシリーズだ。全エピソードの美術も素晴らしいのだが、毎回<食事>の場面にも異様なほど凝りまくって撮影されているのにも注目。シーズンが進むに連れて、おぞましさと異様な映像美が増大していくので、シーズン3でNBCが打ち切りを発表したのにも納得できる。

 予告はイメージをクリック

アメリカでは、魅力的なシリーズが近年になってぞくぞく登場している。その背後には、一極化していくハリウッドに対して台頭してきたTV/ネット界の影響があると同時に、才能あるフィルムメーカーが集結していることもあげられる。その結果として視聴者までに影響が及んでいることを考えれば、日本の映画業界にも影響がでてくるはず。保守的で萎縮化している日本映画業界も、いまこそリスクを踏まえた上で新しい可能性を追求するべきではないだろうか。

いまTV/ネットに才能が集結 その3

皆さんは、英語で<binge watching>というフレーズをご存知だろうか? 

<binge>とは<過剰>や<やり過ぎ>の意味を持つ口語だが、<binge watching>で、<イッキ見>の意味になる。2013年にオックスフォード辞典に収録されたこの新語は、ネットフリックスが如何に欧米で視聴者の映像コンテンツの見方に大きく影響を与えたかを示唆している。 従来のTVシリーズ放映であれば、1週間に1エピソードずつ放映されて、3ヶ月ほどで1シーズンが完結となるが、<binge watching>は、放映開始と同時に全エピソードを見る事ができるネットフリックスならではの視聴方法だ。TVシリーズの場合、1エピソードずつ放映された後に、批評家がメディアにレビューを書くのが欧米では通常だが、<binge watching>の到来により、視聴者の見方だけでなく、TVレビューの書き方まで変えたとコメントする批評家もいる。

いま、まさに中毒性の高い映像コンテンツが視聴者から求められていることに、フィルムメーカーが注目すべき点が隠されている。TVシリーズにおいて、観客に飽きさせない中毒性を提供するには、現在ハリウッドが量産しているアクションやSFXなどの刺激的な映像だけでは達成できない。そこで必要とされるのが、類を見ないストーリーテリングの巧みさであり、登場するキャラクターの人物描写の深さだったりする。この点では、まさに映画が映画たりえるのに必要な要素が、いまTVシリーズでも要求されているのだ。そこで、そんな要素が見事にTVシリーズの枠を越えて実を結んだ2つのシリーズを紹介したい。

予告はイメージをクリック

まず1つ目はネットフリックスが制作した『シェフのテーブル』だ。世界のトップレストランで腕を振るうシェフ6人が1エピソードごとに登場して、食に対する哲学や、シェフとしての取り組み方、さらに自身の人生を語る6エピソード完結のドキュメンタリー・シリーズだ。『二郎は鮨の夢を見る』が高く評価されたデイビッド・ゲルブが監修/総指揮しており、1エピソードことに深く掘り下げられる一流シェフ達の人物像が、美しい映像美で綴られており、いわゆる従来のフード物のドキュメンタリーやTVシリーズとは一線を画している。ここまでしつこくネットフリックスのことをかき立てると宣伝マンかと思われるかもしれないが、このオリジナルシリーズは素晴らしい出来である。

予告はイメージをクリック 

2つ目に紹介したいのは、ストーリーテリングの巧みな技術で、筆者が完全にハマってしまった米SHOWTIMEが制作した『ホームランド』だ。『24 』の仕掛人ハワード・ゴードンとアレックス・ガンザが取り組んだ、実話ベースと錯覚するぐらいのリアルなスリルと臨場感にあふれる一筋縄ではいかないスパイ・ドラマである。まず主演の2人、CIAの凄腕分析官を演じるクレア・デインズと、アフガニスタンで8年間の捕虜生活を経て帰国する米兵士を演じるダミアン・ルイスの演技が素晴らしい。テロ自爆容疑をかけられた兵士と、尋問するCIA分析官が一騎打ちするシーズン2の名場面は、視聴者をドギマギさせるぐらいの緊迫感とエモーションに満ち溢れていて圧倒的な迫力。CIAがテロリストと同様に極悪非道な方法で情報を掴んでいく様が描かれており、複雑に入り組んだ世界情勢を背景に、道徳観や善悪の区別がなくなっていく感覚を醸し出すのに見事に成功している。まさに神業的な巧さと圧倒的な情報量で、いままで映画では不可能だったストーリーテリングが、ここで見事に完成されている。

ビジネスとしての映像配信に大きな変化が起こっている中、フィルムメーカーの視点から検証しても、欧米のTV/ネット界がいま非常にエキサイティングな場として認められているのは間違いない。次回、最終回ではいままでのTVシリーズの限界を試している作品を紹介する。