2012年度アカデミー賞候補作品 現る!

毎年2月に行われるオスカーだから、シーズンと言えばかなり先のように思えるが、ハリウッドでは9月の秋から本腰を入れて展開開始。早速2012年度アカデミー賞候補っぽい作品の予告編が現れた! ブラピ主演、『カポーティ』のベネット・ミラー監督の新作『マネーボール』だ。

元プロ野球選手で、現在はオークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンを主人公にした実話の映画化。ウィキペディアを参照にさせてもらうと、ビーンは野球を「27個のアウトを取られるまでは終わらない競技」と定義し、それに基づいて勝率を上げるための要素を分析、過去の野球に関する膨大なデータの回帰分析から「得点期待値」というものを設定して、これを上げるための要素を持つ選手を良い選手とした。ビーンが定義する勝利するための要素は、旧来の野球の価値観では重要視されず、そのため選手の年俸に反映されていなかった。そのため低い年俸で獲得して戦力を上げることができた。ヤンキースなどの資金力が強いチームに比べ1勝するための金銭的コストがはるかに低い。このビーンのチーム戦略が「マネー・ボール」という本になり、日米で大きな反響を呼んだ。これはその映画化。

これだけ読むとなんともつまらなさそうな映画にしか聞こえないが、予告編はなかなかいい感じ。一見地味だが、題材、スター性、ストーリー、すべてにオスカー色強し! ブラピもいい感じ。全米9月公開。


 

 

LINEで送る

This entry was posted in hyoe by 山本 兵衛. Bookmark the permalink.

About 山本 兵衛

米マサチューセッツ州の高校を卒業後、ニューヨーク大学Tisch School of the Artsにて映画製作を学ぶ。卒業作品『A Glance Apart』がニューヨークエキスポ短編映画祭にて最優秀フィクション賞を受賞。またフランスの国営チャンネル Arte、日本ではシネフィルイマジカにて放映。アメリカの配給会社 Kino Internationalにて4年間マネージャーを務めた後、ハリウッド大作『シャンハイ』などに現場通訳として参加しながら、監督/プロデューサー/脚本家として活動。自身の短編作品が、ロッテルダム国際映画祭やトライベッカ映画祭などで上映されている。ドキュメンタリー『サムライと愚か者〜オリンパス事件の全貌』で長編デビュー。青山学院大学にて非常勤講師を務める。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>