音と映像の融合

一般的に映画の中での音楽の利用は、映像の弱さを補うかのように使われる場合が多くあまり好きではないが、見事に音と映像がマッチする瞬間があると鳥肌が立つ。ふと思い出せるだけで、一昔前のウォン・カーワイの作品(『天使の恋』『恋する惑星』)やオープニングだけは鳥肌ものだった『かいじゅうたちのいるところ』があるが、今日このビデオを観ておっ!と思った。いま話題のスカラ&コラシニ・ブラザーズのカバーだが、???なストーリーはともかく、音と映像だけで、これだけ創造力を沸き立たせてくれるPVもある!かと思えば音楽の楽しさを伝えてくれるこんな素敵なビデオも! こんな映像が撮りたい。




LINEで送る

This entry was posted in hyoe by 山本 兵衛. Bookmark the permalink.

About 山本 兵衛

米マサチューセッツ州の高校を卒業後、ニューヨーク大学Tisch School of the Artsにて映画製作を学ぶ。卒業作品『A Glance Apart』がニューヨークエキスポ短編映画祭にて最優秀フィクション賞を受賞。またフランスの国営チャンネル Arte、日本ではシネフィルイマジカにて放映。アメリカの配給会社 Kino Internationalにて4年間マネージャーを務めた後、ハリウッド大作『シャンハイ』などに現場通訳として参加しながら、監督/プロデューサー/脚本家として活動。自身の短編作品が、ロッテルダム国際映画祭やトライベッカ映画祭などで上映されている。ドキュメンタリー『サムライと愚か者〜オリンパス事件の全貌』で長編デビュー。青山学院大学にて非常勤講師を務める。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>