マーサ・マーシー・メイ・マーレーン

新しい才能とはどんなふうに産み出されるのだろう? 前回の投稿でも紹介されているタレントキャンパスのようなリーダーシップなしの組織化されたイベントで、新しい才能が産み出されるとも思えない。新しい才能に対して偏見が強い日本では特にそうだろう。そういう意味で新しいものに対して寛容な環境は大事だと思う。勿論、状況打破するぐらいの才能も。

確実に新しい才能を送り続けるサンダンス映画祭で上映された新人監督作品『マーサ・マーシー・メイ・マーレーン』は面白うそう。

マーサ・マーシー・メイ・マーレーン 予告

LINEで送る

This entry was posted in hyoe by 山本 兵衛. Bookmark the permalink.

About 山本 兵衛

米マサチューセッツ州の高校を卒業後、ニューヨーク大学Tisch School of the Artsにて映画製作を学ぶ。卒業作品『A Glance Apart』がニューヨークエキスポ短編映画祭にて最優秀フィクション賞を受賞。またフランスの国営チャンネル Arte、日本ではシネフィルイマジカにて放映。アメリカの配給会社 Kino Internationalにて4年間マネージャーを務めた後、ハリウッド大作『シャンハイ』などに現場通訳として参加しながら、監督/プロデューサー/脚本家として活動。自身の短編作品が、ロッテルダム国際映画祭やトライベッカ映画祭などで上映されている。ドキュメンタリー『サムライと愚か者〜オリンパス事件の全貌』で長編デビュー。青山学院大学にて非常勤講師を務める。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>