ロッテルダム映画祭日記5

今回参加させてもらっているロッテルダムラボのプロデューサーは、総勢70人程度だ。世界中あらゆる国々から参加しているのは以前も書いたが、レクチャーやワークショップだけでなく、朝食や昼食を共にしていると、段々彼らの経歴があきらかになってくる。若手プロデューサーという条件のはずだったが、意外と経験豊富なプロデューサーも何人かいるようだ。

イスラエルから参加しているエイタンは、カンヌで喝采を浴び、日本でも劇場公開されて話題になった『戦場でワルツを』の監督アリ・フォルマンの新作のプロデューサーで、今回はハリウッドスターをキャスティングしての作品になると語っていた。アメリカから参加しているアデルは、カンヌやサンダンスで上映された『The Myth of the American Sleepover』を、同じくアメリカ人のマットは、『ディパーテッド』などで女優として活躍中のヴェラ・ファーミガの初監督作『Higher Ground』をそれぞれプロデュースした経験があり、アイルランドから参加しているコナーは、大石圭原作で日本との共同企画をプロデュースしている。参加プロデューサーみんなが海外共同企画に興味があり、何か学ぼうとこのラボに参加している。

中でも仲良くなったのは、前回も紹介したフィンランドから参加しているマーク。カウリスマキ監督の新作『Le Havre』ではスタッフとして参加しているほか、本年度のフィンランドアカデミー賞にあたるJussi Awardでは、プロデュース作品『The Good Son』が『Le Havre』と並んで7部門にノミネートされている。彼の夢はヘルシンキでハンバーガーレストランを経営すること。そんな夢を実現させる第一歩として、凍り付いた真冬の湖の上でバーベキュー大会を開催したりしている。フェイスブックに応援ページも設立していて、今年中には本格的にオープンするらしい。翌日帰国予定だというので、一緒に夕食に出かけると、偶然入ったレストランは、地味だがアットホームな雰囲気のイタリア料理。美味しそうな匂いが漂う中、木製のテーブルと椅子が並んでいる。フィンランドと日本で共同企画を何か考えようと言うので、冗談半分に「ハンバーガーレストランを経営するフィンランド人の男達が、神戸牛を手に入れようとするが、変な外人と馬鹿にされて、日本人業者に騙されるストーリーは?」と投げてみると「バカバカしいと思えるぐらいの、いいアイディアだ」と真面目な応え。単なるフィンランド風の不思議なユーモアなのか、それともマジなのかはよくわからないが、夢のような話が広がっていくキャッチボールから生まれてくる映画は、きっと楽しい傑作になるだろう。そんなふうに感じれる素敵な夜だった。

フィンランドの凍り付いた海上でバーベキューを開催する不思議なフィンランド人プロデューサーのマーク



LINEで送る

This entry was posted in hyoe by 山本 兵衛. Bookmark the permalink.

About 山本 兵衛

米マサチューセッツ州の高校を卒業後、ニューヨーク大学Tisch School of the Artsにて映画製作を学ぶ。卒業作品『A Glance Apart』がニューヨークエキスポ短編映画祭にて最優秀フィクション賞を受賞。またフランスの国営チャンネル Arte、日本ではシネフィルイマジカにて放映。アメリカの配給会社 Kino Internationalにて4年間マネージャーを務めた後、ハリウッド大作『シャンハイ』などに現場通訳として参加しながら、監督/プロデューサー/脚本家として活動。自身の短編作品が、ロッテルダム国際映画祭やトライベッカ映画祭などで上映されている。ドキュメンタリー『サムライと愚か者〜オリンパス事件の全貌』で長編デビュー。青山学院大学にて非常勤講師を務める。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>