ニューヨーク映画三昧2 チャイナタウン

大勢の中国系移民が渦巻くNYのチャイナタウンは、ニューヨークに来る度に寄っていくお気に入りの地域でもある。無礼で無頓着かつ無精、かと思えば、タフで親切かつ寛容というのが、自分の中での勝手な中国人のイメージ。大きな声で、羞恥のかけらもなく通り越しに語り合う様子をみて、逞しさを感じるのは自分だけだろうか?

ちょうど空いていたチャイナタウンにある友人宅に滞在していることもあって、お昼時に近所のマレーシア・レストランでビーフシチュー・カレーヌードルを食べる。見回すと中国人の家族らしきグループが3つ、大きなテーブルに座って箸を忙しく動かしている。中国人は家族や大人数で食事をするのが大好きだ。チャイナタウンのレストランでは、6−8人がけのテーブルが数多く設置されている。世界中どの国でも中国人がタフに生きていけるのは、頼れる家族がいるコミュニティーとの関係がしっかりと築かれているからだろう。

さて今日は、ニューヨークでフィルム・フォーラムと並んでインディーズ映画館としてすっかり評判も定着したIFCセンターに足を運ぶ。目的は『君と僕の虹色の世界』で注目を浴びたパフォーマンス・アーティスト、ミランダ・ジュライ監督・主演の第2作目『THE FUTURE』。前作の大ファンで、ある日本の映画祭に作品を大推薦した結果、上映が決定し、本人が来日した際に食事をしたことがあった。作品のイメージ通り、のほほんとした雰囲気に繊細な感性を持ち合わせた人だった。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開されてしばらく時間が経っているにも関わらず、5スクリーンある会場の30人ほどしか座れない一番小さな5番館は満席。彼女が注目されている証拠だろう。前作は、日常にスポットライトをあてた群像劇ながらも、エピソードすべてに繋がる人生の大きなテーマを扱って成功していた。なので期待度が高すぎたのかもしれない。『THE FUTURE』は自己表現としてのアート色が色濃くなっていて、そのバランスに期待外れな感覚をおぼえた。しかし、年齢と人生における達成感のギャップ、自分の未来や恋人に対する不安といったテーマは、等身大レベルでひしひしと感じれることができる。こんな風に映画に対して親近感を感じることが、自分にとって映画を観る醍醐味だと思っているし、だから映画はやめられない。

夜、映画館を出て6番街沿いにチャイナタウンに向って歩いていると、見覚えのある顔の青年が歩いている。『ソーシャル・ネットワーク』で裏切られる友人を手堅く演じていたアンドルー・ガーフィールドだ。新しい『スパイダーマン』の主役に抜擢されて撮影を終了したところなのか、胸板や肩が逞しい。

そう、ニューヨークはロスと同じぐらい映画三昧に相応しい街なのである。

LINEで送る

This entry was posted in hyoe by 山本 兵衛. Bookmark the permalink.

About 山本 兵衛

米マサチューセッツ州の高校を卒業後、ニューヨーク大学Tisch School of the Artsにて映画製作を学ぶ。卒業作品『A Glance Apart』がニューヨークエキスポ短編映画祭にて最優秀フィクション賞を受賞。またフランスの国営チャンネル Arte、日本ではシネフィルイマジカにて放映。アメリカの配給会社 Kino Internationalにて4年間マネージャーを務めた後、ハリウッド大作『シャンハイ』などに現場通訳として参加しながら、監督/プロデューサー/脚本家として活動。自身の短編作品が、ロッテルダム国際映画祭やトライベッカ映画祭などで上映されている。ドキュメンタリー『サムライと愚か者〜オリンパス事件の全貌』で長編デビュー。青山学院大学にて非常勤講師を務める。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>